ウーマン

人の役に立てる仕事|医療事務は通信講座で習おう

論文試験の対策

作文

最近になって特に大学入試において小論文試験の導入が進んでいます。従来の正解が決まっていた試験とは異なり、小論文では受験者が論理的に自分の主張を展開できるかを試すことができます。大学側が積極的に主張できる人材を求めているため、小論文試験が広まり、その添削サービスも人気です。添削サービスのメリットとして、出題テーマの柔軟性が挙げられます。志望学部によって、また、文系か理系かによっても小論文の出題傾向は大きく異なります。そのため、添削サービスでは受講者が希望する学校に合わせたテーマを出題してきます。志望先に特化した対策ができるため、限られた受験勉強期間においても他の科目を疎かにせず学習を進められます。

小論文の添削サービスを受ける最大のメリットは、添削のプロから客観的な評価を得ることができる点です。学校や予備校では小論文に特化した授業がまだ少なく、本格的な対策が困難な状況です。また、小論文試験自体が毎年目まぐるしく変化しており、それに合わせた対策が必要となります。自宅で受けられる通信講座などの添削サービスでは、様々な形式とテーマについての論文を公正な視点で見てもらえます。これにより、ただ単に欠点の指摘に終わるのではなく、自分の小論文のどこがよい点で、どのような強みを活かせばいいのかも把握できます。またサービスを利用しながら添削を最大限に活用するためには、毎回の添削内容をノートにまとめたり、返却された解答用紙を綺麗にまとめたりしておくことが大切です。定期的に添削内容を見直すことにより、小論文を書く力を高められます。